国内にいながら海外不動産投資ができる!少額投資の魅力に迫る!

家賃保証のサービスとは

マンション

家賃収入安定がメリット

不動産関係用語で、家賃債務保証とか、家賃保証という言葉を見聞きすることがあります。特に賃貸物件を探している人の場合、かなり頻繁に、この家賃債務保証というのを目にすることも多いでしょう。しかし、この家賃債務保証とはどのようなシステムのことを指すのでしょう。まず賃貸物件は、従来は連帯保証人を立てるのが条件となっていました。しかし入居希望者の高齢化や、外国人居住者の増加などで、連帯保証人のなり手がいないというケースが増えて来ました。そのような時に、家賃債務保証のサービスを利用することで、連帯保証人なしでも入居することが可能になります。まずこの場合、入居者が家賃債務保証をする会社に、保証料を払います。そして会社は、オーナーと家賃債務保証の契約を結び、もし入居者が家賃を滞納した場合には、その分を立て替えます。立て替え分はその後、会社から滞納をした入居者に請求が行くことになりますので、オーナーが督促業務をする必要はありません。これにより、家賃が毎月きちんと入金されますので、経営が安定します。もちろん入居する側にとっても、連帯保証人を立てなくてもいいので、入居がスムーズに行くという点が大きな魅力です。これにより、入居者募集もかけやすくなりますし、また希望者が増加するという長所もあります。ただし連帯保証人を立てない反面、家賃の支払い能力があるかどうか、審査が行われ、希望者の条件によっては審査に通らず、従って入居ができないこともあります。