国内にいながら海外不動産投資ができる!少額投資の魅力に迫る!

料金体系に注意

婦人

利益の考え方と料金体系

賃貸経営の方法としてサブリース契約をするときには業者によって異なる料金体系に注目して選ぶのが賢い考え方の一つです。サブリースをしてどのようにして利益を上げたいかに応じて選ぶようにしましょう。料金体系で気をつけておきたいのが、契約した業者が行っている賃貸経営による家賃収入がオーナーに対して支払われる賃料に影響するかどうかです。料金体系として、家賃収入に依存せずに一定額のもの、家賃収入に応じてその一部を賃料とするもの、一定額に家賃収入に比例した金額を上乗せしたものの三種類が主になっています。このどれが自分の目的に適っているかを考えてサブリース契約をする業者を選定すると良いでしょう。最も安定した収入が得られるのは家賃収入に依存しない契約であり、ローンの返済が滞る心配や長期的に安定した収入があれば十分という考え方があるときなどに適しているでしょう。一方、家賃収入に依存する料金体系は、定額の契約に比べると満室の状況になると高い収入が得られることが多いのが特徴です。定額の場合には業者が空室リスクを負っていることになりますが、家賃収入に依存する賃料とするとオーナーも一緒にリスクを負う点で業者側の負担が小さくなります。サブリースをする際に収入をできるだけ大きくしたいというときには、家賃収入に比例する部分が大きい契約をすると可能性が高まるでしょう。ただし、業者の経営力に依存するため、業者の実力の吟味も重要になります。